青年一人世帯の平均居住費は32万ウオン・・・29.93m²で暮らし

양정미 기자

登録 : 2021-06-21 11:11 | 修正 : 2021-06-21 11:11

[写真=聯合ニュース]


韓国の青年1人世帯(若者の単身世帯)は、平均9坪台の規模で暮らし、毎月の住居費として約32万ウォンを支出していると集計された。

21日、統計庁のマイクロデータ分析の結果、今年第1四半期の全国の青年(30歳未満)一人世帯は、保証金のある家賃居住基準の実際住居費として月平均31万5534ウォンを支出している。

保証付き家賃基準で集計した青年1人世帯の住居用専用面積は平均29.93m²(9.1坪)だった。

これは政府が定めた1人世帯の最小住居面積である14m²(4.2坪)よりは大きいが、全体保証付き家賃で暮らす全体一人世帯の住居面積である35.22m²(10.7坪)よりは狭い水準だ。

保証金のない家賃で暮らす青年一人世帯の住居用専用面積は平均24.74m²(7.5坪)と集計された。

月貰(ウォルセ・月々家賃)よりは伝貰(チョンセ・一定の保証金を預けて月々の家賃は発生しない賃貸方式)、伝貰よりは自家に居住する場合の住居用専用面積が大きいと集計された。伝貰に住む若者の単身世帯は平均36.04㎡(10.9坪)、自家に住む若者の単身世帯は平均57.66㎡(17.4坪)の空間に居住した。

ただ、統計庁は世帯主が30歳未満の青年一人世帯の比重は小さく、保証金のない家賃または自家居住世帯は標本自体が少ないため注意しなければならないと説明した。

支出の内訳をみると、青年一人世帯は酒類とタバコに月平均2万3262ウォンを支出していることが分かった。これは全体の一人世帯(2万9751ウォン)より21.8%少ない。

一方、衣類・靴の支出は月平均7万9603ウォンで全体の一人世帯(5万8782ウォン)より多かった。娯楽・文化支出も11万8304ウォンと集計され、青年一人世帯が全体1人世帯(8万734ウォン)の消費額を上回った。

第1四半期に青年一人世帯は飲食・宿泊に平均29万699ウォンを支出した。大部分が外食および居酒屋など食事費(28万3357ウォン)に使われた。一方、一般一人世帯の飲食・宿泊支出は20万3989ウォン、食事費は19万9107ウォンだった。
top