コスピ、0.83%下落した3240.79で引け

양정미 기자

登録 : 2021-06-21 16:16 | 修正 : 2021-06-21 16:49

[写真=亜洲経済DB]


コスピが米株式市場の低迷や金融政策の不確実性の影響を受け、外国人投資家と機関投資家の売り越しで下落した。

21日、コスピは前営業日より27.14ポイント(0.83%)安の3240.79で取引を終えた。コスピは前営業日より3.75ポイント(0.11%)安の3264.18で取引を開始し、下げ幅を拡大した。

投資者別では、個人投資家が1兆9766億ウォンを買い越した。一方、機関投資家は1兆817億ウォン、外国人は9013億ウォンをそれぞれ売り越した。

業種別では医薬品が1.83%上昇して取引を終えた。この他、機械も0.23%上昇した。一方、電気・ガス業は5.61%下落した。この他、医療精密(-2.04%)、通信業(-2.02%)、非金属鉱物(-2.00%)、運輸倉庫(-2.00%)なども下落した。

時価総額上位10銘柄のうち、セルトリオンは3.89%上昇して取引を終え、サムスンバイオロジクス(2.15%)、サムスンSDI(1.04%)なども上昇で取引を終えた。一方、SKハイニックスは2.01%下落した。サムスン電子(-0.75%)、現代車(-0.85%)、起亜(-1.24%)なども下落した。カカオは前営業日と同じ15万5000ウォンで取引を終え、LG化学も82万2000ウォンで取引を終えた。

コスダック指数は前営業日より4.89ポイント(0.48%)下落した1010.99で取引を終えた。コスダック指数は前日より1.29ポイント(0.13%)下げた1014.59で取引を終え、下落を続けた。

投資者別では、個人投資家が1482億ウォンを買い越した。一方、外国人投資家は772億ウォン、機関投資家は498億ウォンをそれぞれ売り越した。

時価総額上位10銘柄の中では、シージェンが16.36%上昇して取引を終えた。この他、セルトリオンヘルスケア(2.93%)、セルトリオン製薬(7.76%)、エコプロビーエム(2.94%)、アルテオジェン(0.25%)なども上昇で取引を終えた。一方、エイチエルビーは3.18%急落した。 パールアビス(-2.85%)、カカオゲームズ(-1.73%)、CJ ENM(-2.02%)、SKマテリアルズ(-1.86%)なども下落した。
top