現代自、ボストン・ダイナミックスの買収完了…"ロボット適用拡大"

박수정 기자

登録 : 2021-06-22 12:00 | 修正 : 2021-06-22 12:26

[現代自、ボストン・ダイナミックスの買収完了…"ロボット適用拡大"]



現代自動車グループが米ロボット専門会社「ボストン・ダイナミックス(Boston Dynamics)の買収を完了した。

現代自グループは昨年12月に本契約の締結以後、買収手続きを全て終え、ソフトバンクグループからボストン・ダイナミックスに対する支配持分の買収を最終完了したと21日、明らかにした。

今回の取引で、ボストン・ダイナミックスの価値は約11億ドル(約1兆2400億ウォン)と評価された。買収結果、現代自グループがボストン・ダイナミックスの持分80%を、ソフトバンクグループが20%を保有するようになった。

現代自グループはロボット新事業を通じて人類のための技術を本格的に開発し、顧客に一次元高い経験を提供するという目標だ。

現代自グループはボストン・ダイナミックスが物流ロボット、案内・支援ロボット、ヒューマノイドロボット市場への進入に向けた自律走行(歩行)、ロボット腕、ビジョン(認知・判断)などの技術分野で世界最高水準の技術力を備えたものと見ている。

ボストン・ダイナミックスは4足歩行ロボット「スポット」と2足直立歩行が可能なロボット「アトラス」などを開発して注目を受けた。3月には倉庫・物流施設に特化されたロボット「ストレッチ」を披露した。

現代自グループはボストン・ダイナミックスの買収で、ロボット工学分野で先導的な立地を確保し、スマートモビリティソリューション提供会社への戦略的転換に速度を出すものと期待される。

自律走行車、都心航空モビリティ(UAM)、スマートファクトリー技術とのシナジーも予想される。現代自グループは製造、物流、建設分野でもボストン・ダイナミックスの力量を融合させる予定だ。
top