サムスン重工業、臨時総会で「額面価格減額無償減資」案件の議決

박수정 기자

登録 : 2021-06-23 14:54 | 修正 : 2021-06-23 14:54

[サムスン重工業、臨時総会で「額面価格減額無償減資」案件の議決]



サムスン重工業が株式額面価格を5分の1に減額する無償減資案を確定した。

サムスン重工業は22日、京畿道城南市板橋(パンギョ)研究・開発(R&D)センターで臨時株主総会を開き、額面価格減額無償減資、会社発行株式総数の改正などの案件を可決させた。

これによって、サムスン重工業は額面価格5000ウォンの普通株・優先株を5分の1の1000ウォンに減額する無償減資を進行する。

無償減資で発生した納入資本金の減額分は2兆5000億ウォンで、サムスン重工業はこれを資本剰余金に転換し、債務超過の憂慮を解消する方針だ。

同日の株主総会を通じ、会社が発行する株式の総数を8億株から15億株へ増やすための定款変更案件も通過された。サムスン重工業は来月の理事会を通じ、1兆ウォン規模の有償増資も議決する予定だ。
top