ソウル回生裁判所、イースター航空の買収者に「ソンジョン」確定…24日に本契約

박수정 기자

登録 : 2021-06-23 15:05 | 修正 : 2021-06-23 15:05

[ソウル回生裁判所、イースター航空の買収者に「ソンジョン」確定…24日に本契約]



ソウル回生裁判所・回生1部は22日午後、イースター航空の共同管理人であるキム・ユサン代表が申請したソンジョンとイースター航空の投資契約の締結を許可した。

裁判所は最終買収予定者であるソンジョンの精密実体調査を省略し、今月24日に本契約が締結される予定だと明らかにした。

また、次順位の買収予定者にグァンリムコンソーシアムを選定してほしいという申請も承認した。 グァンリムコンソーシアムはサンバンウルグループの系列会社であるグァンリムがエンターテインメント会社のIOKと構成した。

2007年に設立した格安航空会社(LCC)のイースター航空は深刻な経営難に陥ったため、2019年12月から済州航空との合併・買収を進めてきた。 しかし、結局白紙化されると、今年1月14日、ソウル回生裁判所に回生手続きを申請し、2月4日に開始が決定された。
top