​現代モービス、「クラスターリスHUD」世界初の開発…安全便宜・デザイン↑

박수정 기자

登録 : 2021-06-24 15:48 | 修正 : 2021-06-24 16:07

[​現代モービス、「クラスターリスHUD」世界初の開発…安全便宜・デザイン↑]



現代モービスが各種自動車運行情報を表示する計器盤(クラスター)とヘッドアップディスプレイ(HUD)の機能を統合した「クラスターリスHUD」を世界で初めて開発したと24日、明らかにした。本格的な電気車の時代に入って、車両内部空間の活用性が重要になった中、自律走行と電動化に最適化された新概念のディスプレイ技術を先制的に披露したのだ。

クラスターリスHUDはクラスターに表示する各種走行情報をドライバー正面のHUDとオーディオ・ビデオ・ナビゲーション・テレコミュニケーション(AVNT)に分散させ、運転者の注意分散を最小化した次世代の運転席技術である。

速度とRPMなど常時必須走行情報を運転者の目線に引き上げたのが特徴だ。。

クラスターリスHUDは上段の三つの区域と下段の一つの区域、計4つの表示領域で構成されている。上段では速度、RPM、先端運転者支援システム(ADAS)の情報などを見せてくれる。下段では変速モードや冷却水の温度、走行可能距離、方向指示ランプ、システム情報警告ランプなどを確認することができる。

15インチ型で、既存の製品に比べ情報表示領域も大幅に拡大した。

現代モービスはクラスターリスHUDを国内はもちろん、米国、中国、ドイツなど世界主要国家に特許登録を完了した。国内外の自動車メーカーに積極的なプロモーションを通じてグローバル受注に乗り出す方針だ。
top