サムスン電子・SKハイニックス、グローバルスマートフォン向けメモリー半導体の占有率72%

박수정 기자

登録 : 2021-07-09 11:23 | 修正 : 2021-07-09 11:23

[サムスン電子・SKハイニックス、グローバルスマートフォン向けメモリー半導体の占有率72%]



サムスン電子とSKハイニックスなど韓国内の半導体企業が今年1四半期、グローバルスマートフォン用メモリー半導体市場で72%シェアを占めたことが分かった。

9日、市場調査会社のストラテジー・アナリティックス(SA)が最近発表した報告書によると、2021年1四半期のグローバルスマートフォン用メモリー市場は114億ドル(約13兆ウォン)規模と集計された。

このうち、サムスン電子が49%、SKハイニックスが23%を占め、それぞれ1、2位に上がった。3位は14%を占めた米国のマイクロンだった。

スマートフォン用Dラム市場では売上高基準で、サムスン電子が54%、SKハイニックスが25%、マイクロンが20%を占めた。1四半期に世界で販売されたスマートフォン用Dラム10つのうち、8つが韓国企業が作った製品であるわけだ。

スマートフォン用ナンドフラッシュ市場ではサムスン電子42%、SKハイニックス20%、キオクシア19%などと調査された。

サムスン電子は先月、高性能モバイルDラムとナンドフラッシュメモリーを結合させたLPDDR5 uMCP新製品を発売するなど市場攻略に拍車をかけている。

業界では第2四半期にサムスン電子が収めた12兆5000億ウォン規模の営業利益のうち、半導体だけで7兆ウォンを上げたものと見ている。
top