LS電線アジア、上場以来最高の業績…2四半期の売上、2000億ウォン突破

박수정 기자

登録 : 2021-07-12 16:47 | 修正 : 2021-07-12 16:47

[LS電線アジア、上場以来最高の業績…2四半期の売上、2000億ウォン突破]



LS電線アジアが今年2四半期の上場以来、最高の業績を記録した。新再生エネルギーをはじめ、ベトナム内の電力インフラ市場拡大が2四半期の好結果につながったものと分析される。

LS電線アジアは2四半期、2153億ウォンの売上と87億ウォンの営業利益を記録したものと暫定集計されたと12日、公示した。これは昨年同期より売上と営業利益がそれぞれ60%、1484%増加した数値だ。

この会社の従来の最大記録は昨年1四半期に記録した売上1325億ウォン、営業利益73億ウォンだった。

LS電線アジアは東南アジア内の生産法人を通じ、今年初めにシンガポール市場に6500万ドル(約745億ウォン)規模の配電級電力ケーブルを納品すると発表し、ベトナムの海上風力発電団地造成プロジェクトにも500万ドル(約57億ウォン)規模の海底ケーブル納品契約を締結するなど事業を拡大している。

LS電線アジアの関係者は"ベトナムは昨年2四半期、新型コロナによって電力部門の収益性が悪化したが、下半期から内需景気が回復され、電力ケーブルの需要が増加し始めた"、"特に、今年上半期はベトナムの新再生エネルギー市場の成長が電力部門の収益性を引き上げた"と述べた。

さらに、"下半期からは電力部門の持続的な成長と共に、低迷していた通信(UTP、光ケーブル)部門の収益性改善まで成し遂げられるだろうと期待される"と説明した。
top