KT、「2021スマート国土エキスポ」に参加…次世代交通システムの披露

박수정 기자

登録 : 2021-07-20 14:49 | 修正 : 2021-07-20 14:49

[KT、「2021スマート国土エキスポ」に参加…次世代交通システムの披露]



KTは国土交通省が主催する「2021スマート国土エキスポ」で、次世代交通システムを披露すると19日、明らかにした。

スマート国土エキスポは「もう一つの大韓民国、デジタルツイン国土が未来をデザインする(Digital Twin、Design the Smarter future)」をテーマに、21日から23日まで3日間、メタバース基盤のオンラインプラットフォームで開催される。

KTは「DIGICO KTスマートモビリティ」をテーマに展示館を運営する。「Geomaster」モビリティプラットフォーム、ONE Naviナビゲーション、AIインフォーテインメント(Infotainment)、済州島次世代交通システム(C-ITS)、無人車交通管理(UTM)など5つのサービスと事業を紹介する予定だ。

KT展示館で見られる「Geomaster」は地図、交通、場所検索、経路案内機能の確認と共に、ギガジニAI音声認識、AI基盤の交通予測、貨物や電気車両の経路案内など特化機能を提供するモビリティソリューションである。

ONE NaviはKTが済州島に構築したC-ITSと連携し、済州島の主要道路約300km区間でリアルタイム信号情報を提供している。全国27つの運転免許試験場の10つ8の道路走行試験コースを練習できる運転免許特化サービスなど多様なサービスを提供している。

さらに、映像分析ソリューションと精度測位技術を活用し、車両と車両、車両と道路の間でリアルタイム双方向通信を実現した済州島C-ITS事業、「無人飛行体交通管理(UTM)」、プラットフォームと車の中で楽しめる「AIモビリティインフォーテインメント」も観覧することができる。
top