6月の生産者物価、8ヵ月連続↑・・・「原油価格・原材料上昇の影響」

양정미 기자

登録 : 2021-07-21 11:22 | 修正 : 2021-07-21 11:22

[資料=韓国銀行提供]


生産者物価が8ヵ月連続で上昇した。原油価格などの原材料価格が高騰した中、自動車や造船、建設業界の需要が増えて工業製品を中心に長期間、高止まりが続いている。

21日、韓国銀行によると、6月の生産者物価指数は109.06(暫定)で1ヵ月前より0.4%上昇した。これは昨年11月以降8ヵ月連続して上昇し、昨年同期比6.4%上昇したものだ。9年9ヵ月ぶりに最高値を記録した前月と同じ水準の上げ幅だ。

品目別では、工業製品が1ヵ月で0.6%上昇した。主な上昇品目としては、石炭や石油製品が3.5%上昇し、第1次金属製品は1.3%上昇した。特に第1次金属製品の場合、13ヵ月連続して上昇している。工業製品物価を1年前に比べると10.8%拡大した。

農林水産品も畜産物上昇に中で前月比0.3%上昇した 畜産物物価の場合、前月比3.2%、前年同月比19.4%上昇した。電力・ガス・水道及び廃棄物も産業用都市ガスの上昇に0.3%上昇した。サービスも運送サービスと金融および保険サービスなどが上昇し、1ヵ月で0.2%上昇した。

物価変動を生産段階別に測定した国内(韓国)供給物価指数は、原材料(4.5%)を中心に前月比0.8%上昇した。前年同月比では8.6%上昇した。輸出を含め、国内生産品の全般的な価格変動を示した総算出物価指数も前月比0.7%上昇した。工業製品(1.0%)と農林水産品(0.3%)中心に上昇した。前年同期比では7.9%上昇した。



 
top