政府、輸出入物流の問題解消に向け米州航路の船舶投入2倍↑

양정미 기자

登録 : 2021-07-21 17:13 | 修正 : 2021-07-21 17:13

[写真=亜洲経済]


新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の回復過程で船舶不足と海上運賃の上昇による国内(韓国)船舶会社が困難に直面し、政府が対策作りに乗り出した。産業通商資源部と海洋水産部は、物流量の多い米州航路の船舶投入を大幅に増やし、運賃支援強化のため、補正予算の確保にも乗り出す方針だ。

21日、産業部と海水部はソウルトレードタワー51階で開かれた海運業界懇談会で、5項目の支援策を示した。

まず、第3四半期の物流量のピーク期に備え、国籍船会社の国内線複量を拡大することにした。これまで月平均2~3回の臨時船舶を投入してきた米州航路については、8~9月から既存の2倍を超える月間少なくとも6回に増便する計画だ。

また米州西安郷に対しては、長期船舶に1株当たり100TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個)を追加で割り当て、計450TEUを中小企業の長期契約物量で支援する方針だ。臨時船舶には毎回1000TEUを中小企業の貨物用として割り当てる。

東南アジア航路に対しては国籍船会社の共同運航を通じて余裕船舶を確保し、臨時船舶も追加投入する。

運賃支援強化のためには補正予算を確保し、今年の国際運送費支援規模を従来の121億ウォンから263億ウォンへ引き上げる。昨年終了した第三者物流費⽤に対する税額控除制度の再新設も始める。

業界の意見を反映した追加支援策としては、荷主のために釜山新港西側の背後団地と余裕敷地を活用して代替装置場を追加供給する。また、輸出物流関連の被害企業を対象に輸出債権の早期現金化限度を最大2倍まで拡大し、資金難の解消も助ける。

船・荷主間の共生文化を定着させるため、安定した貨物確保環境も整える。このため、政府は国籍船社と長期運送契約を交わした中小企業を対象に、運送費の20%を支援する。荷主・物流業界は、船・荷主間の情報非対称性解消の必要性を提起することから、物流情報プラットフォームを通じた統合物流情報の提供も推進する。

この他にも、政府は大企業の自動車運搬船に中小企業の貨物を一緒に船積みするなど、企業間共存型運送支援も進める。

産業部のムン・スンウク長官は「今後も関連業界や関連機関と緊密にコミュニケーションを図り、実効性のある対策を講じることで、今年の輸出が反発を超え過去最高の実績を達成できるよう惜しみなく支援していく」と述べた。
top