ネイバー、2Qの売上高1兆6635億ウォン・・・史上最大値

양정미 기자

登録 : 2021-07-22 09:16 | 修正 : 2021-07-22 09:16

[写真=ネイバー提供]


ネイバーが22日、今年第2四半期に売上1兆6635億ウォン、営業利益3356億ウォンを記録したと公示した。

これは前年同期比それぞれ30.4%、8.9%増加した数値だ。売上は四半期中、史上最高値を記録した。四半期ごとの売上の伸び率は5期連続して増加した。

サーチプラットフォームの売上は、前年同期比21.8%増の8260億ウォンを記録した。検索品質の改善と広告効率の増大による結果だ。成果型広告の持続的な成長で、ディスプレイの売上は前年同期対比48.0%増加した。

コマースの売上は、前年同期比42.6%増の3653億ウォンを記録した。ブランドストアは450店に拡大し、前年同期比の取引額が5倍に成長した。

フィンテックの売上は前年同期対比41.2%増加した2326億ウォンを記録した。ネイバーペイの決済額は、前年同期比47%成長した9兆1000億ウォンを記録した。

ウェブトゥーンを含めたコンテンツの売上は、前年同期比28.2%増の1448億ウォンを記録した。ウェブトゥーンの売上は、前年比53%伸び、スノー売上は、前年同期比2倍以上伸びた。

クラウドの売上は、前年同期比48.1%増の949億ウォンとなった。ネイバー・クラウド・プラットフォーム(NCP)の売上は、前年同期比77%以上伸びた。

ネイバーのハン・ソンスク代表は「ネイバーは技術R&Dとサービス、ビジネスモデルの革新を通じた持続的な成長が可能であることを改めて証明した」とし「戦略的パートナーとの協力をさらに強化し、グローバルコンテンツIP(知的財産権)事業も本格的に推進して未来の成長の基盤を確め、国内(韓国)事業を基盤にグローバルで多様な事業の成果が顕在化する姿を見せる予定」と述べた。
top