韓国造船海洋、2四半期に8973億ウォンの営業損失

박수정 기자

登録 : 2021-07-22 12:12 | 修正 : 2021-07-22 12:12

[韓国造船海洋、2四半期に8973億ウォンの営業損失]



韓国造船海洋が今年2四半期、赤字を記録した。今年初めから続いた受注の好調にもかかわらず、原材料価格の値上げの負担に耐えられなかったのだ。ただ、受注が安定的に続いているため、今年下半期には収益性が改善されるだろうという分析が出ている。

韓国造船海洋が今年2四半期連結基準、8973億ウォンの営業損失を記録し、昨年2四半期の929億ウォンの営業利益対比、赤字転換されたと21日、明らかにした。

当期純損失も7221億ウォンで、昨年2四半期の4億ウォンの純利益比、赤字に転じた。売上高は昨年2四半期の3兆9255億ウォン比、今年2四半期は3兆7973億ウォンで、3.27%減少した。

これは今年に入って受注量の増加や船価の上昇にかかわらず、急激な鋼材の値上げ展望によって、造船部門で8960億ウォンの工事損失引当金を先反映したためだ。

また、海洋部門も売上減による固定費負担の増加、プラント部門は新型コロナなどによる工程遅延の影響で、赤字幅が拡大された。

韓国造船海洋の関係者は"鋼材価格の急騰の見通しによって、予測可能な損失額を保守的に反映し、一時的に赤字規模が大きくなった"、"原材の値上げが船価の上昇につながっており、下半期からは実績が本格的に改善されるだろう"と述べた。

韓国造船海洋は今年上半期だけで計140億ドル(162隻・海洋プラント2期を含め)規模の受注契約を終えた。また、今月15日に9億ドル規模の契約を追加し、今年の目標値の149億ドルの受注目標を早期達成した。
top