ポスコインターナショナル、2四半期の営業益1700億…四半期史上最大の売上げ

박수정 기자

登録 : 2021-07-22 12:18 | 修正 : 2021-07-22 12:18

[ポスコインターナショナル、2四半期の営業益1700億…四半期史上最大の売上げ]



ポスコインターナショナルが直前の四半期に続き、2四半期も史上最高の四半期の売上を更新した。原材料価格の上昇が売上拡大に功を奏したものと分析される。

ポスコインターナショナルは今年2四半期、8兆5245億ウォンの売上と1700億ウォンの営業利益を記録したものと暫定集計されたと21日、公示した。これは前年同期比、売上げは62%、営業利益は26%増加した数値だ。

今年1四半期も史上最高の四半期の売上を記録したポスコインターナショナルは2四半期にも良好な成績表を受け、上半期だけで15兆6115億ウォンの売上と2969億ウォンの営業利益を達成した。

このような好結果は△国内・海外の鉄鋼材事業などトレーディング拡大 △ポスコSPS、インドネシアパームオイル、ウズベキスタン綿棒法人など主な子会社の実績の増加などによるものと分析される。

特に、ポスコSPSは鉄鋼業況の上昇、駆動モーターコアの販売台数の増加などを通じ、今年2四半期「営業利益100億ウォン」高地を踏んだ。

事業部別の実績をみると、鉄鋼事業部は昨年同期比110.3%上昇した5兆1716億ウォンの売上高を記録した。営業利益は720億ウォンで、同期間の195.1%上昇した。

エネルギー事業部は昨年同期と同じレベルの3350億ウォンの売上を記録した。ただ、営業利益は320億ウォンを記録し、前年同期比63.2%減少した。エネルギー事業部の実績不振はLNGの取引量が昨年2四半期54万tから今年2四半期36万tへ減少したことによるものと分析される。

食糧素材事業部は2兆2374億ウォンの売上を上げ、昨年同期より30.6%の成長を成し遂げた。ただ、営業利益は前年同期比59.2%減少した51億ウォンを記録した。

貿易法人と投資法人ではそれぞれ2兆9004億ウォン、3983億ウォンの売上を記録し、昨年2四半期より好業績を収めた。営業利益もそれぞれ183億ウォン、457億ウォンで、前年同期比で大幅に上昇した。

一方、ポスコインターナショナルは中長期的な事業として、風力、太陽光など、グリーンエネルギープロジェクト向け鉄鋼材供給の拡大(鉄鋼事業)、追加の資源埋蔵量の確保と探査などで、長期的収益創出の基盤構築(エネルギー事業)などに取り組んでいる。

グローバル「トップ10」食糧総合事業会社に跳躍するというビジョンとエコカーの中核部品の駆動モーターコア事業にも集中するなど未来の成長基盤の創出にも取り組んでいる。
top