ロッテホテル、プレミアムブランド指数1位…10年連続の受賞

박수정 기자

登録 : 2021-07-22 15:43 | 修正 : 2021-07-22 17:20

[ロッテホテル、プレミアムブランド指数1位…10年連続の受賞]



ロッテホテルが「2021プレミアムブランド指数(KS-PBI)」ホテル部門1位に名を連ねた。 今年まで10年連続受賞となる。

22日、ロッテホテルによると、プレミアムブランド指数(KS-PBI)は韓国標準協会とソウル大学・校経営研究所が共同開発した商標資産評価指標だ。 毎年、全国の成人男女10万人以上の大規模標本調査を通じ、ブランドの認知度、イメージ、社会的責任などを評価し、産業群別の1位ブランド(商標)を選定・発表している。

ロッテホテルは40年余りのホテル経営を通じて蓄積された運営の秘訣をもとに、ロッテホテルだけの商標アイデンティティと顧客中心サービスを融合、「シグニエル」をはじめ、「ロッテホテル」、「L7ホテル」、「ロッテシティホテル」などホテル別のオーダーメイドサービスを持続提供してきている。

今年はロッテホテル・サンクトペテルブルクが「ホテルのミシュランガイド」と呼ばれる「フォーブス・トラベルガイド」で最高等級の5星ホテルに選定されるなど世界ホテルとの競争で優位を占めた。

ロッテホテルは新型コロナの拡散の中、速やかなデジタル転換で、非対面サービスとデジタル運営フラットフォームを効果的に活用した。 オンラインチェックイン、ドライブスルー、配達ロボット、知能型総括案内など無人サービスの強化が代表的だ。

特に、韓国で初めてリアルタイムオンライン販売を進行し、ウェブマガジン「LHM」を提供するなど努力を傾けた。 最近、KTとデジタル転換の共同企画に関する業務協約を締結した。 ロッテホテルは今後、デジタル技術を地道に開発するという構想だ。
top