ポスコ、2四半期の営業利益2兆06億ウォン…歴代最大の実績

박수정 기자

登録 : 2021-07-22 16:45 | 修正 : 2021-07-22 16:45

[ポスコ、2四半期の営業利益2兆06億ウォン…歴代最大の実績]



ポスコが四半期の営業利益2兆ウォン時代を開いた。

ポスコは連結基準、今年2四半期の営業利益が2兆2006億ウォンで、前年同期比1212.22%増加したと22日、公示した。

売上は18兆2925億ウォンで、前年同期比33.31%増えた。前四半期と比べると、売上は13.84%、営業利益は41.75%拡大された。

これはポスコが企業説明会を通じて四半期業績を公開した2006年以来、最高の業績だ。国際会計基準(IFRS)で実績を公示した2010年以降、2兆ウォン台に進入したことも初めてだ。

鉄鋼部門では鉄鉱石価格が上昇したにもかかわらず、販売量と販売単価がともに増加し、営業利益が大幅に改善された。これとともに、海外法人の営業利益が大きく増えた。

子会社の経営実績ではポスコインターナショナルが食糧や自動車部品需要回復で、販売量が増加、前四半期比31.33%増加した1090億ウォンの営業利益を記録した。売上は前四半期比22.9%増加した7兆7470億ウォンを記録した。

ポスコ建設はマンションの分譲広報費など一度限りの費用が増加し、前四半期比15.5%減少した1090億ウォンの営業利益を記録したものと集計された。売上は1兆6320億ウォンで、前半期対比4.15%増えた。

ポスコエネルギーは電力のオフシーズンの進入によるて電力単価の下落や液化天然ガス(LNG)単価上昇により、電力マージンが縮小され、営業利益が前四半期比93.06%減少した50億ウォンを記録した。

ポスコケミカルは陽極材の販売価格の上昇、大量生産体制の進入による収率の改善やコスト削減で、営業利益が前四半期比5.88%増加した360億ウォンを記録した。売上は17.45%減少した3500億ウォンだ。

2四半期のポスコは別途基準、売上9兆2770億ウォン、営業利益1兆6100億ウォン、純利益1兆3180億ウォンを記録した。

ポスコはグループ社の海外債券などの社債の償還と営業利益の増加によって、財務健全性が強化されたと明らかにした。
top