SK、米・中の大豆ミートなど持続可能な食べ物に投資…代替食品の市場攻略も加速化

박수정 기자

登録 : 2021-07-26 13:54 | 修正 : 2021-07-26 13:54

[SK、米・中の大豆ミートなど持続可能な食べ物に投資…代替食品の市場攻略も加速化]



投資専門会社、SK(株)が「持続可能な食べ物」として注目されているグローバル代替食品市場の攻略を加速化する。

SK(株)は中国の先導F&B流通企業「Joyvio Group」とパートナーシップを構築し、世界最大の食品市場の中国に先制的に進出すると26日、明らかにした。

Joyvio Groupはレジェンドホールディングスが2012年に設立したF&Bの流通企業だ。中国とオーストラリア、チリでプレミアム果物と海産物分野1位のブランドを多数保有している。SK(株)は2019年にも韓国の私募ファンドと共に、Joyvio Groupに約2200億ウォンを投資した。

SK(株)とJoyvio Groupは約1000億ウォン規模の中国代替食品投資ファンドを造成し、植物性代替肉(Plant-based Meat)、発酵タンパク質(Fermentation)など代替たんぱく質の生産企業に投資する計画だ。

両社は垂直農場(Vertical Farm)のような有望IT技術基盤のフードテック企業との事業協力とグローバル代替たんぱく質企業の中国進出も共同推進する。

代替食品は伝統的な農畜産物がなく、豆やキノコから抽出した植物性タンパク質で作った食品だ。最近、持続可能なエコ食べ物として注目されている。

ファンド運用は中国のテク専門ファンド運用会社であるZRCが担当する。ファンドにはSK(株)、Joyvio Groupだけでなく、中国有数の食品企業と重慶地方政府ファンドも出資者として参加した。

SK(株)は昨年、米発酵タンパク質の先導企業「Perfect Day」に約540億ウォンを投資し、代替食品市場に進出した。Perfect Dayは世界で初めて牛から抽出した蛋白質遺伝子に発効された柳たんぱく質の生産に成功した企業だ。

SK(株)はこれに続き、最近、米国の代替たんぱく質開発会社「Nature's Fynd」にも約290億ウォンを投資し、米国代替食品市場で事業ポートフォリオを拡大している。 Nature's Fyndは米イエローストーン国立公園で発見した微生物と独自の発酵技術を利用し、栄養が豊富な代替たんぱく質原料の開発に成功した。

SK(株)は欧州市場で大きな反響を得ている英国の代替肉生産企業「Meatless Farm」投資も推進中だ。世界主要市場で発効たんぱく質のほかにも植物性代替肉分野のポートフォリオも持続的に拡大していくという計画だ。

フードテック専門のベンチャーキャピタルである米国「AgFunder」によると、世界的に行われた代替食品関連投資は2016年の約1300億ウォンから昨年、2兆6000億ウォンと20倍規模に成長した。特に、2019年、代替たんぱく質市場が形成された中国は植物性肉(Plant-based meat)を中心に消費者需要が急速に増えている。
top