ギャラクシーZフォールド3を公式化した盧泰文…“フォルダブルフォン初のSペン支援”

박수정 기자

登録 : 2021-07-27 16:01 | 修正 : 2021-07-27 16:01

[ギャラクシーZフォールド3を公式化した盧泰文…“フォルダブルフォン初のSペン支援”]



盧泰文(ノ・テムン)サムスン電子・無線事業部長(社長)が来月11日に開かれる「ギャラクシーアンパック2021」行事を控え、フォルダブルフォンの大衆化に向けたサムスン電子の未来戦略を公開した。 彼は“サムスン電子の新しいフォルダブルフォンはもっと流麗なデザインと丈夫な耐久性を備えており、フォルダブルフォンの中で初めてSペンを支援するなど革新的な機能を持っている”と強調した。

27日、盧泰文社長がサムスン電子・ニュースルームの寄稿文を通じ、"新たに発表するギャラクシーZフォールドはスマートフォンやタブレットPCの長所を結合し、業務・疎通・創作のための新しい経験を提供する"、"ギャラクシーZフリップの後続作はより流麗なスタイルと堅固な耐久性をともに備えた"と明らかにした。

これまでギャラクシーZフォールド3とギャラクシーZフリップ3に対する業界と外信のうわさはあったが、サムスン電子が二つの製品を公式化したのは今回が初めてだ。

盧社長は新しいギャラクシーZシリーズがフォルダブルフォンの中で初めてSペンを支援する点を強調した。サムスン電子の関係者によると、ギャラクシーZフォールド3にはサムスンディスプレイが開発した2世代超薄膜ガラス(UTG・Ultra Thin Glass)が適用される。畳めほど柔軟かつSペンとの摩擦を耐えられるほど堅固であるのが特徴だ。これを土台に、サムスン電子はギャラクシーZフォールド3にSペンを適用することができた。

盧社長はギャラクシーノートシリーズが今年発売されないことによる業界の憂慮を混じえた視線に対する回答も出した。彼は"ギャラクシーノートシリーズは今回は紹介しないが、ノートの経験も様々なギャラクシー端末に持続拡張され、明るい未来を準備しているという点も申し上げる"と述べた。

サムスン電子はフォルダブルフォンの大衆化に向けた戦略の一環として「開放性」と「セキュリティ」を強調した。サムスン電子はグーグル、マイクロソフトなど信頼できるIT業界リーダーと協力し、個人に最適化されながら、機器やデータを安全に管理できる先端セキュリティ技術を持続して開発した。これを通じて顧客に便利なモバイル経験を提供しながら、同時にアプリやデータ・プライバシーに対する決定権を提供する計画だ。こうしたサムスン電子の動きはプライバシーの重要性を強調するライバル社、アップルを意識したものと解釈される。

盧社長は特に、グーグルとの協力を強調した。先日、サムスン電子は最近、グーグルと共に新たな統合スマートウォッチプラットフォームを公開した。サムスンヘルス、スマートシンスなどサムスン電子の中核サービスに続き、グーグルプレーストアが提供するさらに拡大されたアプリをギャラクシーウオッチで利用できる。One UIウォッチを通じて差別化されて、より深みのあるウォッチ-スマートフォンの連結を経験できる。

協力はフォルダブルフォンでもつながる。サムスン電子はグーグルと協力し、より多くのアプリやサービスを最適化し、もっと豊かなフォルダブル経験を提供する。3世代のギャラクシーZシリーズでは一層最適化されたフォルダブルを経験できる。例えば、フレックスモード(画面を90度に折った状態)でユーチューブの映像を視聴したり、フォルダブルフォンの大画面を通じてグーグルやマイクロソフトのアプリを使用しながら、他の作業を進めることができる。

最後に盧社長は"サムスン電子の全ての活動の中心には顧客がある。顧客が何を求めているのか耳を傾け、優秀なカメラ、鮮明なスクリーン、長持ちするバッテリー、強力なセキュリティなどをギャラクシー製品に搭載するために努力した"、"サムスン電子はオープン生態系を基に、社会変化を引き出すモバイル技術を披露する準備ができている。革新技術を集約したギャラクシーZシリーズを前面に出し、(フォルダブルフォンという)モバイルの新たなカテゴリーを開く"と抱負を示した。
top