農心ラーメン、平均6.8%値上げ・・・辛ラーメンも7.6%↑

양정미 기자

登録 : 2021-07-29 09:46 | 修正 : 2021-07-29 09:46

[写真=農心提供]


農心(ノンシム)が29日、8月16日付けで辛ラーメンなど主要インスタントラーメンの出庫価格を平均6.8%引き上げると明らかにした。農心のインスタントラーメン値上げは、2016年12月以降4年8ヵ月ぶりだ。

主要製品の引き上げ幅は、出庫価格基準で辛ラーメンが7.6%、安城湯麺が6.1%、ユッケジャンカップ麺は4.4%だ。

これを受け、現在、大型マートで1袋当たり平均676ウォンで販売されている辛ラーメンの価格は、約736ウォンへと調整される見通しだ。各製品の実際の販売価格は流通店別に異なる。

農心は、インスタントラーメン価格が消費者物価に及ぼす影響を考慮して、これまで内部的に原価削減と経営効率化を推進し、原価引き上げの圧迫に耐えてきたという立場だ。

しかし、最近、パーム油と小麦粉などラーメンの主要原材料価格と人件費や物流費、販売管理費など諸般の経営費用の上昇による原価圧迫が累積され、やむを得ず値上げを決定することになったというのが農心関係者の説明だ。

農心関係者は「インスタントラーメンは国民の食生活と密接な関係があるだけに、最小限の水準で価格を調整した」と述べた。
top