​LG CNS、韓国初「マシンラーニング専門企業」認証の獲得

박수정 기자

登録 : 2021-07-29 16:49 | 修正 : 2021-07-29 16:49

[​LG CNS、韓国初「マシンラーニング専門企業」認証の獲得]



LG CNSがグーグルに人工知能(AI)・マシンラーニング分野の事業・技術面での専門的な力量を認められた。AIの下位分野であるマシンラーニングはコンピュータがデータを通じて人が学習する方式のように、「学習」できるようにするアルゴリズムと技術を開発する領域である。LG CNSはこれをきっかけに、AI技術とそのインフラを提供するクラウド分野の事業を強化し、国内外の市場で立地拡大にさらに拍車をかける見通しだ。

29日、LG CNSは韓国企業の中で初めてグーグルの企業向けクラウド会社であるグーグルクラウドの「マシンラーニング専門企業(Machine Learning Specialization)」認証を獲得したと明らかにした。今回の認証獲得で、海外でこの認証を先に獲得したAccenture、Deloitte、Slalomなどのような専門の力量を認められ、グーグルクラウドの事業パートナーとしての信頼度を強化した。

LG CNSはグーグルクラウド技術を活用した顧客社AI構築の成功事例を保有した。LG電子が音声AI基盤のチャットボットで消費者の単純・反復のお問い合わせへの応対を自動化した「グローバルコンタクトセンターボイスボット」と日本AEONが導入したAI外国語会話アプリ「AIスピークチューター」を構築した例が代表的である。また、事業者登録証イメージを国家ごとに自動分類するモデル、社会関係網サービス(SNS)の書き込み文章の肯定・否定を判断する感情分析AI、時間帯別の高速バス搭乗者数を予測し、配車調整を支援するマシンラーニングモデルなどで、AI・マシンラーニングの専門性を見せた。

LG CNSはグーグルクラウドがマシンラーニング専門企業認証のために要求するプロフェッショナル・マシンラーニングエンジニア7人確保の条件を満たした。プロフェッショナルマシンラーニングエンジニアはグーグルが認めるマシンラーニング最高の専門家資格である。LG CNSはまた、グーグルのAI関連技術開発者の認証資格証である「TDC」を取得した職員170人あまりを保有した。高級AI開発者の育成に向け、グーグルクラウドの「ASL」教育課程を導入し、AI技術の力をさらに高度化している。

LG CNSはデータとAI結合事業を遂行する「D&A(Data analytics & AI)事業部」とAI技術研究およびAIサービスプラットフォームを運営する「D&A研究所」などのAI専門組織を置いている。また、5月に発売したクラウド運営サービスである「CloudXper ProOps」を通じ、グーグルクラウドを活用するマネージドサービス事業者(MSP)モデルの拡大に集中している。MSPはIT資源・応用システム・セキュリティ・専門家サービスを統合した運営最適化事業モデルだ。
top