[2020東京五輪] ウ・サンヒョク帰国・・・「2024年パリ五輪では優勝を目指して挑戦する」

양정미 기자

登録 : 2021-08-03 20:42 | 修正 : 2021-08-03 21:17

[写真=亜洲経済]


韓国新記録を立てた走り高跳び選手のウ・サンヒョク(25)が3日午後、仁川国際空港を通じて帰国した。

1日、国立競技場で開かれた男子走り高跳び決勝でウ・サンヒョクは2メートル35を記録し、今大会4位となった。五輪で自分の記録(6月29日の2メートル31)よりも4センチメートルも高く跳んだのだ。彼にとって個人最高成績であり、韓国陸上界にとっても五輪で過去最高順位だ。また、1996年アトランタ五輪のイ・ジンテク以来、25年ぶりの決勝進出という快挙を成し遂げた。

競技後、 ウ・サンヒョクはインタビューで「五輪で自分の記録よりも4センチメートルも高く跳び、メダルはなくても後悔せずに自分のすべてが出し切れて本当にうれしい」とし、「生涯の目標である2メートル38のために、2024年パリ五輪では優勝を目指して挑戦する」と語った。
 
top