8月のICT輸出額、202億ドル突破・・・半導体は4ヵ月連続で100憶ドルを超え

양정미 기자

登録 : 2021-09-14 13:56 | 修正 : 2021-09-14 13:56

[写真=Gettyimagesbank]


政府は14日、8月の情報通信技術(ICT)輸出額が202億7000万ドルを記録し、昨年同期比33.2%増加したと明らかにした。これは昨年6月以後15ヵ月連続増加した数値であり、歴代8月の輸出額の中で最高記録だ。また、ICT輸出額が200億ドルを超えたのは、2018年10月以降34ヵ月ぶりのことだ。

一日平均輸出額は8億8000万ドルで、前年同月より27.4%増加した。これもやはり歴代8月の最高記録だ。

主要品目別の輸出額は、半導体が全体の半分を超える117億9000万ドルを記録した。これは前年同月比42.2%増加した数値だ。モバイルやコンピューターなどの需要が増え、メモリー半導体やシステム半導体の輸出が共に伸びたものとみられる。同時に、半導体の輸出額は4ヵ月連続100億ドル台を記録した。

ディスプレーの輸出額は前年同月比22.4%増の22億1000万ドルを記録し、12カ月連続の増加となった。携帯電話の輸出額は67.7%増の11億8000万ドルを記録した。下半期にプレミアムスマートフォンを発売し、完成品や部品の輸出が共に伸びた結果だ。

コンピューター及び周辺機器(26.7%↑)の輸出額は16億9000万ドルで、6ヵ月連続で輸出が伸びた。

国別には米国(41.7%↑)、中国(香港を含む、36.3%↑)、日本(33.8%↑)、欧州連合(22.1%↑)、ベトナム(18.2%↑)などへの輸出が増えた。

8月のICT輸入額は113億8000万ドル、貿易収支は88億9000万ドルの黒字と暫定集計された。前年同期比輸入額の伸び率は23.7%だった。

品目別には、半導体(20.8%↑)とコンピューター及び周辺機器(35.8%↑)、携帯電話(34.3%↑)、ディスプレー(7.4%↑)などの輸入が増加した。

国別には、台湾(31.2%↑)、欧州連合(23.3%↑)、ベトナム(17.6%↑)、日本(7.8%↑)、米国(6.9%↑)、中国(香港含む、4.4%↑)などからの輸入が増えた。
top