コロナ影響で昨年の公共部門50.6兆ウォンの赤字・・・一般政府の赤字「過去最大」

양정미 기자

登録 : 2021-09-16 14:10 | 修正 : 2021-09-16 14:10

[資料=韓国銀行提供]


昨年、コロナ禍による災難(災害)支援金支給などの影響で韓国政府や公企業を含む公共部門の収支が赤字に転換した。一般政府の赤字幅も過去最大を記録した。

16日、韓国銀行が発表した『2020年公共部門勘定(暫定)』によると、昨年の公共部門収支(総収入-総支出)は-14兆7000億ウォンを記録し、前年(14兆7000億ウォン)より減少して赤字に転じた。これは、公共部門の総収入(883兆4000億ウォン)が前年比4兆9000億ウォン(0.6%)増加したのに対し、総支出(934兆ウォン)規模が前年比70兆2000億ウォン拡大して輸入額を上回ったためだ。

公共部門の収支がこのように赤字を記録したのは2013年以来初めて。赤字幅も2009年(58兆ウォンの赤字)以来最大水準だ。韓銀の関係者は「総収入は租税収入と公企業の売り上げがいずれも減少して小幅な増加にとどまった反面、総支出は最終消費支出と社会受恵金増加の持続とコロナ19対応のための移転支出が大きく増加したことが影響した」と説明した。

このうち、一般政府の収支は44兆4000億ウォンの赤字となった。一般政府の中では中央政府の赤字が72兆8000億ウォンとなり、2007年統計を取り始めて以来最大の赤字幅を記録した。地方政府も9兆9000億ウォンの赤字を記録した。社会保障基金は、国民年金の影響で38兆3000億ウォンの黒字となった。

韓国銀行のイ・インギュ支出国民所得チーム長は「昨年、一般政府が赤字を記録した最大の原因は中央・地方政府がコロナ19対応に向けた全国民災難支援金や零細商工人支援金など民間への移転支出を大幅に拡大したため」とし「昨年4回の補正予算(66兆8000億ウォン)と経常移転が政府赤字幅に影響を及ぼした」と説明した。

同期間、韓国電力公社や韓国土地住宅公社など非金融公企業は運送・観光・エネルギーを中心に売上高が減少した。これも総収入より総支出が多く、7兆3000億ウォンの赤字となった。韓国産業銀行や韓国住宅金融公社などの金融公企業は、1兆1000億ウォンの黒字を記録した。ただ、低金利で利息収入などの財産所得が減少し、黒字幅は前年(3兆2000億ウォン)より減った。2007年に統計を取り始めて以来、黒字規模が最も低かった。

名目国内総生産(GDP)対比公共部門収支の割合は、-2.6%と集計された。英国(-2.1%)やオーストラリア(-1.3%)よりは高く、スイス(-1.5%)よりは低かった。社会保障基金を除く公共部門収支は名目GDP比–1.3%水準である。2020年基準で英国(-12.4%)、オーストラリア(-13.5%)などに比べると低く、スイス(-2.6%)とほぼ同じだった。社会保障基金を除く公共部門収支は名目GDP比–4.6%水準だ。

しかし、国内のGDP対比公共部門収支を海外主要国と比較すると、やや良好な水準だというのが韓銀の判断だ。昨年のGDP比公共部門収支はオーストラリアが-13.5%、英国が-12.4%を記録し、一般政府収支は経済協力開発機構(OECD)加盟国が-10.8%を、ユーロ地域が-7.2%を記録した。主要国の米国(-15.8%)、英国(-12.4%)、オーストラリア(-12.3%)、日本(-10.1%)も10%を超えるマイナス幅を見せた。

イチーム長は「昨年、韓国の経済状況が他国に対してかなり良好な方だった」とし「特に海外国の名目GDPがマイナス転換したのに対し、韓国の名目GDPは小幅ながらも増加傾向を維持したため、GDP対比赤字比率は相対的に良好だった」と述べた。
top