斗山重工業、海上風力発電機設置用の船舶機材の供給

박수정 기자

登録 : 2021-09-16 15:17 | 修正 : 2021-09-16 15:17

[斗山重工業、海上風力発電機設置用の船舶機材の供給]



斗山重工業は、大宇造船海洋と海上風力発電機の設置船舶に使用される機材であるRack & Chord供給契約を締結したと15日、明らかにした。今回の契約で、斗山重工業は2023年までに計156つのRack & Chordを供給する予定だ。

Rack & Chordは、海上風力設置船の昇降型鉄製の橋(Jack-up leg)を構成する核心の構造物である。船体や風力発電器を含む最大約3万7250トン(t)に達する重量を持ち上げて支持できる高い硬度が求められる。

Rack & Chordは一つあたり長さ9m、重量は約25tであり、鋸歯状のラック部分には厚さ250mmの特殊鋼が使用される。昇降型鉄製の橋を海底に降りて船舶を海水面の上に浮揚させて固定した後、大型クレーンで海上風力発電機を設置する。

斗山重工業は塩分、低温(-40℃)など海の様々な環境に合わせ、耐食性と耐衝撃性を保有した強力な特殊素材を開発し、7月、国際船舶認証機関から特殊素材の認証を獲得した。

全世界的に海上風力市場が急速に成長することによって、海上風力設置船の需要も増加している。英国の海運・造船市場分析会社、VesselsValueによると、今後10年間、約100隻以上の海上風力設置船が必要になる見込みだ。

2005年から風力事業を開始した斗山重工業は国内の海上風力の最大供給実績を保有した企業だ。最近、海上風力の受注物量の増加に備え、風力2工場を竣工した。また、3MW級、5.5MW級の海上風力発電機モデルを保有しており、8MW級モデルは2022年商用化予定だ。
top