第2四半期の家計・企業負債、GDP比217.1%・・・「史上最大」水準

양정미 기자

登録 : 2021-09-24 13:33 | 修正 : 2021-09-24 13:33

[写真=聯合ニュース]


今年第2四半期の家計と企業負債を合わせた民間信用が、国内総生産(GDP)の2倍を上回る217%を超え、歴代最高値を記録した。同期間、家計負債も史上初めて1800兆ウォンを突破しており、企業負債も増加した。

24日、韓国銀行が発表した『金融安定状況(2021年9月)』報告書によると、第2四半期末基準の名目国内総生産(GDP)対比民間信用比率は217.1%であり、前年同期比11.2%ポイント上昇した。これは1975年統計編制以後、歴代最大の水準だ。民間信用とは、資金循環表上、家計の貸付金や政府融資、企業の貸付金や債券、政府融資を含めた負債の合計である。

部門別には、家計負債が前年同期比10.3%増の計1805兆9000億ウォンを記録した。家計負債が1800兆ウォンを超えたのは今回が初めてだ。このような増加傾向は、銀行の家計負債の増加率(10.8%)が高い水準を維持している中、非銀行融資(9.9%)も銀行圏の融資規制強化の影響で急激に増加したことによるものだ。

融資類型別では、住宅担保ローンが取引量の縮小にもかかわらず住宅価格の上昇の影響で増加傾向が続いた。その他の融資(信用融資を含む)も、住宅購入需要と公募株請約関連需要などで高い増加傾向を続けた。

処分可能所得比家計負債の比率は、第2四半期末基準で172.4%(試算値)となり、10.1%ポイント拡大した。ただ、金融資産対比金融負債比率(44%)は、株価上昇などによる金融資産の増加で前年同期対比2.4%ポイント下落したと把握された。

家計負債の延滞率は、第2四半期基準で0.65%となり、昨年末以降下落傾向を示している。3つ以上の機関から金を借りた多重債務者で所得下位30%である低所得者や信用点数664点以下の脆弱借株の割合(貸出残高基準)も銀行3.4%、非銀行7.9%と下落傾向を記録した。

韓銀の関係者は「コロナ19の再拡散で家計所得環境の改善が制約される中、貸出金利の上昇圧力が強まって脆弱部門を中心に家計の債務返済負担が大きく増える可能性があるだけに、引き続き警戒する必要がある」と明らかにした。

一方、企業負債は2219兆6000億ウォンで前年同期比7.3%上昇し、増加傾向がやや鈍化した。金融機関や企業向け融資規模は1447兆7000億ウォン水準で11.7%増えた。同期間、中小企業向け融資は増加したものの、大手企業向け融資は減少(-2.9%)に転じた。社債は良好な投資需要の中でも、純発行規模(+4.5兆ウォン)は縮小した。

企業の財務健全性は、業績回復や収益性の低迷緩和などで改善する様子を示している。売上高の伸び率は、海運や自動車などを中心に業績が回復し、昨年(-5.0%)より大幅に上昇した5.4%(第1四半期基準)と集計された。反面、企業の負債比率は昨年12月77.2%から82.3%へ小幅上昇した。
 

[資料=韓国銀行提供]

top