8月の銀行融資延滞率0.28%・・・同月基準で過去最低

양정미 기자

登録 : 2021-10-14 14:03 | 修正 : 2021-10-14 14:03

[写真=聯合ニュース]


8月の国内(韓国)銀行の貸出延滞率が1年前より0.09%下がり、8月基準で最低値を記録した。

金融監督院は14日、8月末の韓国の銀行によるウォン建て融資の延滞率(1カ月以上の延滞基準)が0.28%であると暫定集計を発表した。前月比0.01%上昇したものの、前年同月比では0.09%下落し、8月基準の最低値を記録した。

部門別には、企業融資の延滞率(0.36%)は1年前より0.11%下落した。大手企業向け融資(0.30%)は0.01%ポイント上がったものの、中小企業向け融資(0.37%)は0.14%ポイント下がった。

家計融資は同期間0.08%ポイント下落した0.19%を記録した。住宅担保融資(0.11%)は0.06%、住宅担保融資を除く家計融資(0.36%)は0.12%下がった。

8月に発生した延滞額は1兆ウォンだった。 前月比1000億ウォン増加し、前年同月比では1000億ウォン減少した。銀行が整理した延滞債権の規模は70000億ウォンだった。
top